キャッシング文化が人気となっています

現在若者はお金を当たり前のように使った生活スタイルを持っており、お金によって幸せな人生を送っている人が増えています。日本は資本主義の社会であり、お金によって幸福を得る社会ですので、お金の問題やトラブルは出来る限りすぐに解決できたほうが理想的であります。最近では若者の間にキャッシングを有効活用しながらお金に困らない生活を送っている人が増えており、キャッシング文化は若者文化として定着しているようです。

キャッシングは限度枠までなら何度でも借入返済が出来ることから、本当に必要なときにお金を用立てることができますので、困ったときにすぐにお金を貸してくれて大変重宝しています。多くの若者では飲み会や遊ぶお金がたり苦しい時が多々ありますので、このような時にキャッシングをすぐに利用することが出来れば本当に助かるのです。

キャッシングには法律上総量規制が適用されており、年収の3分の1までしか借りることができないようになっています。以前よく起こっていたようなキャッシング破産をする可能性は非常に少なくなっていますので、本当に安心安全にキャッシングを利用できるようになっています。若い世代はまだまだお金が足らない緊急の場面も多く出てきますので、そのような場合にキャッシングカードを1枚持っておくことはとても大切なことであります。現在では審査も簡単になっており、きちんと定期収入があれば問題なく審査にも通りますので初心者の方でも安心して利用して欲しいと思います。

主婦の立場でキャッシングを利用したい場合

主婦の方がキャッシングを利用することは出来るでしょうか。キャッシングの申し込みをして審査に通ったなら、もちろん利用出来ます。では、キャッシングの審査に通るには何が必要でしょうか。申込者の立場が男性であれ女性であれ、また正社員として働いているにせよそうでないにせよ、あるいは学生であれ、キャッシングを申し込んだなら同じことが審査されます。

それは大きく分けると、本人確認と呼ばれるものと在籍確認と呼ばれるものです。この在籍確認とは、申込者が毎月一定の収入を得ているかどうかを確認するために行われます。キャッシングを利用するには、収入を得ていることが必要ですので、申込者が専業主婦であれば、この在籍確認で引っかかってしまい、お金を融資してもらうことは出来ないでしょう。一方、たとえパートタイムの仕事であっても、毎月収入があるならば、キャッシングを利用することが出来ます。

それで、この在籍確認のために、勤務先の名称はもちろん、電話番号も事前に確認しておいて申込書に記入できるようにしておきましょう。消費者金融側は、申込書に記入された勤務先の電話番号に電話して、申込者が本当にその勤務先で働いているかどうかを確認します。このことが確認出来て、本人確認も行われたなら、主婦の立場でもキャッシングを利用出来るのです。

勤務先に電話されると聞くと不安になるかもしれませんが、心配するには及びません。なぜなら、この在籍確認の電話は個人の名前でかけられますし、申込者の収入について尋ねられるということもないからです。このように、主婦の方も収入があればキャッシングを利用することが出来るのです。

増額申込みの利用について

カードローンを利用してお金を借りる場合、契約をする際にあらかじめ融資をすることができる限度額を定めることになります。そのため原則としてこの限度額を超えて融資を受けることはできません。

しかし生活費が苦しくなってしまった場合、少し高額な物を購入したい場合など設定した限度額以上の融資を受けたいときもあります。このようなときの対処法としていくつかありますが、その中の一つに増額申込みをすることがあげられます。増額申込みとは設定した限度額を増やすことによって追加で融資を受けるための申込みのことを言いますが、この手続きをしてもらうためには審査を受けてクリアしなければなりません。

そして増額申込みの審査は少し厳し目にされることになるので、なかなか思うようにいかないケースもあります。そのため審査を無事クリアすることができれば特に問題ないのですが、思うようにいかなかった場合は新規の借入をするなど他の方法で対処することになります。

おまとめの方法は二種類

借入をまとめて一本化するには二種類の方法があります。ひとつ目はおまとめローンに申し込むこと。資金用途は借り換え目的のみに限定され、こちらから申し出なければ自動的に以前の借入先への返済も行ってくれます。金利面でも通常のキャッシングより優遇されており、これがおまとめのメリットになります。

もうひとつは金利が低めのカードローンを契約して、そちらに借入をまとめる方法です。この方法は資金用途が借り換えのみに限定されないので他の出費にも対応できます。ただし、返済などおまとめの作業はすべて自前でやることになります。どんなことにでもお金を使えてしまうので自制心も必要になるでしょう。

利用されるのは金利低め、限度額高めの銀行カードローンが多いようです。

消費者金融に申し込んで良かったと思ったこと

消費者金融に申し込む前はいろいろと不安に思うこともありましたが今は申し込んで良かったと感じています。いちばん良かったと思うことはお金を借りても利息が1円もかからなかったことです。

金融機関からお金を借りて利息が1円も掛らないなんて信じられないかも知れませんが本当に利息は1円も取られませんでした。なぜなら私は無利息キャッシングというサービスを利用したからです。これはお金を借りてから30日以内に借りたお金を全額返せば利息が1円もかからないというサービスです。

私が消費者金融から借りたお金は3万円だったので返すのは簡単でした。アルバイトの給料日に近くのコンビニに行ってATMから借りた3万円をすぐに返しました。30日以内に返したので利息は1円も取られないで済みました。消費者金融を利用してみようと思ったときいちばん心配だったのが利息が高いかも知れないということだったので利息が1円も取られなかったのは本当に良かったと思っています。

ただし、この無利息キャッシングは初回の利用のみなので私はもう利用することができません。この次にもし同じ消費者金融からお金を借りるときは利息を払うことになるので借りるときは利息の計算もして気を付けていきたいと思っています。

厄介な在籍確認を何とかしたい、即日融資を受ける為に必要な事

消費者金融の審査の特徴とは・・・

キャッシングの審査時に即日融資を受けたいという状況は、数えきれないほど存在します。そもそも目先のお金に困っているからキャッシングを希望するわけであり、もし仮に審査に時間がかかるなら給料日を待った方が良いと感じている方も非常に多い事でしょう。

金融機関もこのあたりの事情は承知の上で、消費者金融はもちろん銀行系のキャッシングであっても審査スピードの早さをウリに広告を発しています。結論として、以前と比較すると格段に即日融資は受けやすくなったと言えます。

ただし、問題はそれで全てが解決したわけではありません。現実に、即日融資と言いつつ即日出金ができなかった事例は珍しくありませんし、中には週明けに回されてしまったケースも存在します。

何故この様な問題が起きてしまうのでしょう。それは、審査における重要項目の一つである在籍確認が取れない点に多くの原因があります。
特に週末の申込みは深刻です。大抵の勤務先は週末は誰もいませんから、在籍確認など望みようもありません。

そんな時役に立つ対処方法が、保険証の提出です。会社員の場合は健康保険証の種別が協会か組合保険のどちらかですから、それだけで就業事実の証明にはなり得えるのです。

その為、金融機関が保険証の提示を促してきた場合の為に、申込時や契約時には保険証を携帯しておくと良いでしょう。金融機関によって措置に差はありますが、在籍確認を行う事なく即日融資を実現できるかもしれません。

自動契約機を利用する際の注意点

消費者金融からお金を借りる際に申し込む方法はいくつかあります。

有人の店舗に行くことの他に、電話や郵送、さらにはインターネットを利用することも出来ます。それらに加えて、無人契約機と呼ばれることもある自動契約機で申し込むことも可能です。

しかし、この無人契約機、という表現は厳密に言えば正確ではありません。なぜなら、この契約機が設置されている室内の様子はテレビカメラを通してオペレーターに筒抜けになっているからです。また、マイクを通してそのオペレーターと実際に会話をやり取りすることも必要です。

それで、自動契約機が設置されている室内に入ったなら、挙動不審と思われかねない行動は控えるように意識しましょう。

また、自動契約機と言っても、対面の場合と同様の審査が行われることは言うまでもありません。それで、本人確認書類として運転免許証か健康保険証が必要ですので、忘れずに持参しましょう。引っ越したならば、それら身分証明書の住所変更を先に済ませておきましょう。

また、勤務先の情報もあらかじめしっかり把握しておくと慌てなくて済むでしょう。その中には勤務先の名称や住所、電話番号などが含まれます。

自動契約機の場合、その画面を見て必要事項を入力していくわけですが、こちらが何か焦っているようであったり、入力内容に不備な点や矛盾点などが見つかった場合、オペレーターの方がマイク越しに話しかけて来られます。冒頭で述べたように、ずっとオペレーターに見られている、ということを意識しておけば、突然、人の声が聞こえてきても慌てふためく、ということはないでしょう。

自動契約機は直接、他の人と顔を合わすことはありませんが実際は無人ではない、ということを覚えておきたいですね。

主婦でも借りれるキャッシングはこれだ

キャッシングを利用したいと考えるかたの背景は色々ですが、主婦の方であってもキャッシングを利用してお金の工面をしなければならない状況になることは当然あります。

しかし、正社員として勤務していない主婦の方がキャッシングを利用するとなると、借りられるのか心配という不安をいだくのは当然のことと思います。

ここでは主婦の方がキャッシングでも契約できるキャッシングについてお話します。

まず、パートやアルバイトに出られている主婦の方については、アコムやプロミス・アイフルなどといった大手消費者金融系のキャッシングはほとんど利用可能です。これらの融資条件は「安定した収入のあるかた」となっており、雇用形態についてはパートやアルバイトでも可能ということになっています。

利用できる限度額については各人の状況(収入や過去のクレジットカードなどの利用歴)によって変動しますが、多いかたでも50万円までで、おおよそ30万円以下が現実的なラインだと考えていただいた方が良いかもしれません。もちろん利用実績に応じて増額といった話も出てくる可能性もあります。

次に、専業主婦の方ですが、消費者金融は利用できません。これは総量規制という国が定めた規制により年収の1/3までの借入までに制限するというものがあるのですが、専業主婦の方は無収入という事になりますので、ここでいう年収が0であるためです。

しかし、専業主婦の方でも申し込めるキャッシングは存在します。それは銀行系のキャッシングを利用することです。新生銀行やみずほ銀行、UFJ銀行、三井住友銀行など大手銀行は専業主婦の方が利用出来るキャッシングを用意していますので、こちらに申し込むのが良いでしょう。