キャッシングの増額申込みは慎重さが求められる

キャッシングを利用していると、利用限度額がもって多ければ良いと感じる人が少なくありません。100万円に利用限度額が届くかどうかは、利息制限法による法定金利が10万円以上100万円未満の18%と100万円以上の15%という3%の違いがあるので大きいでしょう。しかし、100万円以上の利用限度額となるためには、審査基準が1段階厳しくなる貸金業者も多いので、収入証明書の提出を求められることが珍しくありません。

キャッシング先に増額申込みを行なうと、利用限度額についてのみ審査が行われると思われがちですが、実際には新規に準ずる慎重な審査が行われます。結果的に契約内容の見直しが、増額方向に進むのか減額されてしまうのかが、増額申込みしてみないと分からない点が問題です。

気軽に増額申込みが出来るのは、消費者金融に限られてきます。なぜなら、消費者金融では、日常的に増額申請が行われており、通常の審査業務と平行して行えます。利用限度額ギリギリの利用を続けている場合には、返済能力について詳細審査が必要になることも珍しくありません。

収入証明書の提出を求められた場合には、詳細審査に入ったと考えておけば良いでしょう。銀行カードローンでは、増額インビテーションが無い限りは、増額ではなく減額されるリスクが高いのでお勧め出来ません。