月別アーカイブ: 2018年3月

貸金業法の応用を受けなければ総量抑止の対象外

キャッシングの借入を制限するのが総量統制ですが、すべてのキャッシングにこういう総量統制が加わるわけではありません。総量統制は貸金業法の規定の結果、貸金業法の利用を受ける企業にのみ要素が陥るのです。貸金業法の利用を受けるのはサラ金と信販ディーラー、つまりサラ金のキャッシングとクレジットカードのキャッシング範囲が総量統制の目標となります。

一方、銀行カードローンや信用金庫、JAなどのキャッシングは総量統制対象外となります。これらの金融機関は銀行法の利用対象となる結果、貸金業法は適用されないのです。貸金業法が適用されなければその制約です総量統制も対象外。よって、総量規制の影響を受けないキャッシングを選ぶなら、銀行や信用金庫から探せば良いということになります。

多額の借り入れをする時に銀行カードローンを利用した方がいいのはなぜ?

少額の借り入れをする時は消費者金融を利用する事が多いですが、多額の借り入れをする時は銀行カードローンを利用した方がいいと言われています。銀行カードローンは審査が厳しい部分があるので心配な部分もありますが、なぜ多額の借り入れをする時に利用した方がいいのか見ていく事にしましょう。

消費者金融は最高金利が18%で設定されているので多額の借り入れをするとリスクが高くなります。しかし銀行カードローンは最高金利が15%以下で設定されているので消費者金融に比べると低金利です。多額の借り入れをする時は低金利の業者を利用するのが鉄則なので銀行カードローンを利用した方がいいです。また銀行カードローンは消費者金融に比べて限度額の設定も高くなっているので多額の借り入れに対応してくれる事が多いです。