カテゴリー別アーカイブ: 審査

キャッシングを即日行なうためには冷静さが大切

急にお金が必要になったからといって、キャッシング申込みを片っ端から行なうことは避けなければなりません。なぜなら、短期間で多くのカードローン申込みを行なうと、金融業者から敬遠されてしまう申し込みブラックの状態となるからです。

そもそも申込み条件が合わないカードローンへ手続きしても、最初から審査に通る見込みは無いわけですから、自ら信用情報に悪い評価を書き込んでしまうことになりかねません。即日融資を受けるためには、柔軟な審査に定評があるカードローンを選び、即日審査に対応している必要があります。

審査に通過したとしても、即日融資を受けるためには更に借り入れ手段まで考えておく必要があります。カードローンを利用する際に、専用キャッシングカードが必要となる場合には、郵送を避けて窓口か自動契約機で受け取れることが望ましいです。

返済が遅れた場合、安易に返済日を回答してはならない!

銀行や大手消費者金融、そして中小消費者金融でキャッシング契約をしている場合、どうしても返済日まで現金の都合が付かないことやうっかり返済日を過ぎてしまったということがあります。特に銀行口座から引き落しによる返済を行っている場合、口座残高のチェックは常に行う必要があります。

もし、返済が遅れてしまった場合は安易に『いつまで返済する』といったことはおすすめしません。電話での連絡が第一段階にあり、返済日を約束することは契約と同じになります。もし、電話で約束した期日を守れなければ、契約先から見て信用が下がるということになります。

そのため、返済が遅れてしまった場合は、電話が来る前に対応を行い、確実に返済出来る期日を回答することが重要です。その場逃れの回答だけは、絶対に行ってはいけません。また、急な電話で気が動転したり、不安に感じると思いますが、一度冷静になって判断することをおすすめします。

独立すると審査が厳しい!

以前は大手スポーツメーカーで働いていましたが、現在は独立をしており自分で会社を起こしました。サラリーマン時代の時は結構簡単にキャッシングの審査を通過することが出来たのですが、独立したことによりキャッシングの壁が高くなってしまいました。

独立したことにより、個人としての信用が低くなり支払能力が無いとみなされるのです。この時初めて日本の会社のパワーというものを感じました。何気に入社した会社が自分自身の信用となり、社会で生きていっている様な感覚です。小さいながらもバックがしっかりしているのと、そうでないところではこんなにも信用の大きさが違うのだと痛感しました。

結局キャッシングの審査は通らず、なけなしのお金をかき集めましたが精神的なショックの方が大きかったです。

カードローンの審査が厳しいことについて

銀行カードローンの審査が厳しい理由で、属性が安定してる層に対しアプローチしてるからがあり、これは年収、社会的地位だった李社会からの信用のある方に向けお金を融資して居ること。
どうして社会からの信用ある人が対象なのかはお金の貸し借りの特徴で考えれば、あやしい人に貸したくないということ。不確定要素をたくさん持っていれば、審査に通るのは難しいはず。

消費者金融は保証会社などが不要で審査から貸付までかかる時間が短く、即日融資もできるので、一般的に金利が高くなる傾向が。
ですが銀行カードローンは審査も入念にして保証会社も必要になり、お金が融資されるまである程度時間が必要になったりします。
消費者金融ならなるべく多くの方にアプローチし、保証会社など条件を省いてるので、金利が高いのです。

銀行ローンは総量規制の対象外

キャッシングをしている皆さんは総量規制について敏感だと思います。自分の年収の3分の1までしかお金を借りれない総量規制、実はこの制度は銀行ローンについては関係無いって知っていましたか。

総量規制は貸金業者のみ対象となる法律なんです。銀行ローンやクレジットカードのショッピングの分割払いやリボ払い、車のローンとかも対象に入りません。

じゃあ、年収600万円で、消費キャッシングをしている皆さんは総量規制について敏感だと思います。自分の年収の3分の1までしかお金を借りれない総量規制、実はこの制度は銀行ローンについては関係無いって知っていましたか。

総量規制は貸金業者のみ対象となる法律なんです。銀行ローンやクレジットカードのショッピングの分割払いやリボ払い、車のローンとかも対象に入りません。

じゃあ、年収600万円で、消費者金融から既に200万円キャッシングをしている、銀行ローンなら総量規制の範囲外だから借りに行ってみるかと行ってみても審査が通る事はほぼありません。やはり、総量規制の範囲内と言っても、銀行の審査は厳しいですから。でも、銀行ローンは総量規制に入らないというのは知っておいて損はありません。

もし新しく借入をする時は、銀行ローンから借りて行くといいでしょう。者金融から既に200万円キャッシングをしている、銀行ローンなら総量規制の範囲外だから借りに行ってみるかと行ってみても審査が通る事はほぼありません。やはり、総量規制の範囲内と言っても、銀行の審査は厳しいですから。

でも、銀行ローンは総量規制に入らないというのは知っておいて損はありません。もし新しく借入をする時は、銀行ローンから借りて行くといいでしょう。

キャッシングの増額申込みは慎重さが求められる

キャッシングを利用していると、利用限度額がもって多ければ良いと感じる人が少なくありません。100万円に利用限度額が届くかどうかは、利息制限法による法定金利が10万円以上100万円未満の18%と100万円以上の15%という3%の違いがあるので大きいでしょう。しかし、100万円以上の利用限度額となるためには、審査基準が1段階厳しくなる貸金業者も多いので、収入証明書の提出を求められることが珍しくありません。

キャッシング先に増額申込みを行なうと、利用限度額についてのみ審査が行われると思われがちですが、実際には新規に準ずる慎重な審査が行われます。結果的に契約内容の見直しが、増額方向に進むのか減額されてしまうのかが、増額申込みしてみないと分からない点が問題です。

気軽に増額申込みが出来るのは、消費者金融に限られてきます。なぜなら、消費者金融では、日常的に増額申請が行われており、通常の審査業務と平行して行えます。利用限度額ギリギリの利用を続けている場合には、返済能力について詳細審査が必要になることも珍しくありません。

収入証明書の提出を求められた場合には、詳細審査に入ったと考えておけば良いでしょう。銀行カードローンでは、増額インビテーションが無い限りは、増額ではなく減額されるリスクが高いのでお勧め出来ません。

キャッシングとはどんな審査でサービスなのか

キャッシングとは個人に対する信用で貸してくれるサービスになります。ですから、信用の部分をしっかりと審査されることになります。その人が一体どんな金融信用状況であるのか、というポイントが大事になります。これは調べる方法があり、指定信用情報機関というところから情報が得られるようになっています。

ですから、キャッシングサービスを依頼するときには、キャッシングは多くの場合、消費者金融がやっているわけですが、銀行もやっているサービスでもありますから、そのあたりはそこまで厳格に気にすることではないです。ですが、消費者金融系の場合は、総量規制というのが入ることになりますから、これを覚悟しておきましょう。

ですか、年収の三分の一以下までしか貸すことができない、ということになります。そして、もう一つ大事なことは年齢になります。20歳以上、というのが必要になります。これは契約自体が20歳以上であれば、問題はないのですが20歳未満にはどうしても契約自体が安定して行うことができないので、これはしっかりと覚えておきましょう。

ですが、それ以上であれば学生でも問題ない、としているところもありますから、借り易いことは確かでしょう。

本人審査必須のキャッシング

キャッシングを利用する為の申し込みの際には、自分確認が欠かせません。
一昔前まではサラ金のサロンに要求記録を持って行き、拝借手順を味わうのが人気でしたから電話での自分実測などは要求なかったのですが、web申込みが一般的になった現在は、サラ金の申込みセールスマンと使い手が顔を合わせる事もなくなりました。
キャッシングを利用した不公平や不正などがないように、自分実測記録の提示は欠かせませんし申込み手順後の呼びだしリンケージ・自分実測なども欠かせないのです。
自分実測以外に確認される時と言えば、勤務先への在籍実測だ。
申込み時折給与や月給、勤務先をサラ金側に報じる必要があります。
これは返済能力を確認するために欠かせない事で、仕事をしてひと月収入を得ているか何とか?要望した勤務先でほんとに勤めるか何とか?という事をチェックする為に勤務先に在籍確認が行なわれます。
勤務先への在籍確認が済めば、返済能力の実測に繋がりますから審判は通ったようなものです。
やはり、サラ金の在籍実測という事が勤務先に分かる時のないよう配慮し、在籍確認が行なわれます。
中には、勤務先への在籍実測を控えるサラ金がありますが、自分実測を控えるサラ金はありません。

おまとめローンについて初めに考えておくべきこと

おまとめローンは多重債務を持っている人にとっては利用することができれば、メリットがあるローン商品です。もちろん、おまとめローンの審査に通る必要がありますが、債務の管理の簡素化や総返済額の減額などが期待できます。

しかし、それもすべてはおまとめローンを提供する金融機関の審査に通ってからの話です。いくら、自分にとって有利に思えるおまとめローンでも審査に通らないことには利用することはできません。その上、おまとめローンの審査は他のキャッシングやカードローンと比べて格段に審査が厳しいことを覚悟しておく必要があります。おまとめローンの利用を希望している人は自分が多重債務者であると意識しなければなりません。

それでも、おまとめローンの審査に通るためのコツはないではありません。おまとめローンの利用を検討する時に2つを実行してみましょう。

一つは借入件数を一つでも少なくすることです。おまとめローンでは借入件数の多い少ないが審査に大きな影響を与えます。借入件数は少ないほど審査に通りやすいのです。

もう一つはおまとめローンを提供する金融機関でも審査については基準が上下します。情報を検索してなるべく審査が厳しくない金融機関を選ぶことです。

主婦の立場でキャッシングを利用したい場合

主婦の方がキャッシングを利用することは出来るでしょうか。キャッシングの申し込みをして審査に通ったなら、もちろん利用出来ます。では、キャッシングの審査に通るには何が必要でしょうか。申込者の立場が男性であれ女性であれ、また正社員として働いているにせよそうでないにせよ、あるいは学生であれ、キャッシングを申し込んだなら同じことが審査されます。

それは大きく分けると、本人確認と呼ばれるものと在籍確認と呼ばれるものです。この在籍確認とは、申込者が毎月一定の収入を得ているかどうかを確認するために行われます。キャッシングを利用するには、収入を得ていることが必要ですので、申込者が専業主婦であれば、この在籍確認で引っかかってしまい、お金を融資してもらうことは出来ないでしょう。一方、たとえパートタイムの仕事であっても、毎月収入があるならば、キャッシングを利用することが出来ます。

それで、この在籍確認のために、勤務先の名称はもちろん、電話番号も事前に確認しておいて申込書に記入できるようにしておきましょう。消費者金融側は、申込書に記入された勤務先の電話番号に電話して、申込者が本当にその勤務先で働いているかどうかを確認します。このことが確認出来て、本人確認も行われたなら、主婦の立場でもキャッシングを利用出来るのです。

勤務先に電話されると聞くと不安になるかもしれませんが、心配するには及びません。なぜなら、この在籍確認の電話は個人の名前でかけられますし、申込者の収入について尋ねられるということもないからです。このように、主婦の方も収入があればキャッシングを利用することが出来るのです。