カテゴリー別アーカイブ: 審査

キャッシングの増額申込みは慎重さが求められる

キャッシングを利用していると、利用限度額がもって多ければ良いと感じる人が少なくありません。100万円に利用限度額が届くかどうかは、利息制限法による法定金利が10万円以上100万円未満の18%と100万円以上の15%という3%の違いがあるので大きいでしょう。しかし、100万円以上の利用限度額となるためには、審査基準が1段階厳しくなる貸金業者も多いので、収入証明書の提出を求められることが珍しくありません。

キャッシング先に増額申込みを行なうと、利用限度額についてのみ審査が行われると思われがちですが、実際には新規に準ずる慎重な審査が行われます。結果的に契約内容の見直しが、増額方向に進むのか減額されてしまうのかが、増額申込みしてみないと分からない点が問題です。

気軽に増額申込みが出来るのは、消費者金融に限られてきます。なぜなら、消費者金融では、日常的に増額申請が行われており、通常の審査業務と平行して行えます。利用限度額ギリギリの利用を続けている場合には、返済能力について詳細審査が必要になることも珍しくありません。

収入証明書の提出を求められた場合には、詳細審査に入ったと考えておけば良いでしょう。銀行カードローンでは、増額インビテーションが無い限りは、増額ではなく減額されるリスクが高いのでお勧め出来ません。

キャッシングとはどんな審査でサービスなのか

キャッシングとは個人に対する信用で貸してくれるサービスになります。ですから、信用の部分をしっかりと審査されることになります。その人が一体どんな金融信用状況であるのか、というポイントが大事になります。これは調べる方法があり、指定信用情報機関というところから情報が得られるようになっています。

ですから、キャッシングサービスを依頼するときには、キャッシングは多くの場合、消費者金融がやっているわけですが、銀行もやっているサービスでもありますから、そのあたりはそこまで厳格に気にすることではないです。ですが、消費者金融系の場合は、総量規制というのが入ることになりますから、これを覚悟しておきましょう。

ですか、年収の三分の一以下までしか貸すことができない、ということになります。そして、もう一つ大事なことは年齢になります。20歳以上、というのが必要になります。これは契約自体が20歳以上であれば、問題はないのですが20歳未満にはどうしても契約自体が安定して行うことができないので、これはしっかりと覚えておきましょう。

ですが、それ以上であれば学生でも問題ない、としているところもありますから、借り易いことは確かでしょう。

本人審査必須のキャッシング

キャッシングを利用する為の申し込みの際には、自分確認が欠かせません。
一昔前まではサラ金のサロンに要求記録を持って行き、拝借手順を味わうのが人気でしたから電話での自分実測などは要求なかったのですが、web申込みが一般的になった現在は、サラ金の申込みセールスマンと使い手が顔を合わせる事もなくなりました。
キャッシングを利用した不公平や不正などがないように、自分実測記録の提示は欠かせませんし申込み手順後の呼びだしリンケージ・自分実測なども欠かせないのです。
自分実測以外に確認される時と言えば、勤務先への在籍実測だ。
申込み時折給与や月給、勤務先をサラ金側に報じる必要があります。
これは返済能力を確認するために欠かせない事で、仕事をしてひと月収入を得ているか何とか?要望した勤務先でほんとに勤めるか何とか?という事をチェックする為に勤務先に在籍確認が行なわれます。
勤務先への在籍確認が済めば、返済能力の実測に繋がりますから審判は通ったようなものです。
やはり、サラ金の在籍実測という事が勤務先に分かる時のないよう配慮し、在籍確認が行なわれます。
中には、勤務先への在籍実測を控えるサラ金がありますが、自分実測を控えるサラ金はありません。

おまとめローンについて初めに考えておくべきこと

おまとめローンは多重債務を持っている人にとっては利用することができれば、メリットがあるローン商品です。もちろん、おまとめローンの審査に通る必要がありますが、債務の管理の簡素化や総返済額の減額などが期待できます。

しかし、それもすべてはおまとめローンを提供する金融機関の審査に通ってからの話です。いくら、自分にとって有利に思えるおまとめローンでも審査に通らないことには利用することはできません。その上、おまとめローンの審査は他のキャッシングやカードローンと比べて格段に審査が厳しいことを覚悟しておく必要があります。おまとめローンの利用を希望している人は自分が多重債務者であると意識しなければなりません。

それでも、おまとめローンの審査に通るためのコツはないではありません。おまとめローンの利用を検討する時に2つを実行してみましょう。

一つは借入件数を一つでも少なくすることです。おまとめローンでは借入件数の多い少ないが審査に大きな影響を与えます。借入件数は少ないほど審査に通りやすいのです。

もう一つはおまとめローンを提供する金融機関でも審査については基準が上下します。情報を検索してなるべく審査が厳しくない金融機関を選ぶことです。

主婦の立場でキャッシングを利用したい場合

主婦の方がキャッシングを利用することは出来るでしょうか。キャッシングの申し込みをして審査に通ったなら、もちろん利用出来ます。では、キャッシングの審査に通るには何が必要でしょうか。申込者の立場が男性であれ女性であれ、また正社員として働いているにせよそうでないにせよ、あるいは学生であれ、キャッシングを申し込んだなら同じことが審査されます。

それは大きく分けると、本人確認と呼ばれるものと在籍確認と呼ばれるものです。この在籍確認とは、申込者が毎月一定の収入を得ているかどうかを確認するために行われます。キャッシングを利用するには、収入を得ていることが必要ですので、申込者が専業主婦であれば、この在籍確認で引っかかってしまい、お金を融資してもらうことは出来ないでしょう。一方、たとえパートタイムの仕事であっても、毎月収入があるならば、キャッシングを利用することが出来ます。

それで、この在籍確認のために、勤務先の名称はもちろん、電話番号も事前に確認しておいて申込書に記入できるようにしておきましょう。消費者金融側は、申込書に記入された勤務先の電話番号に電話して、申込者が本当にその勤務先で働いているかどうかを確認します。このことが確認出来て、本人確認も行われたなら、主婦の立場でもキャッシングを利用出来るのです。

勤務先に電話されると聞くと不安になるかもしれませんが、心配するには及びません。なぜなら、この在籍確認の電話は個人の名前でかけられますし、申込者の収入について尋ねられるということもないからです。このように、主婦の方も収入があればキャッシングを利用することが出来るのです。

増額申込みの利用について

カードローンを利用してお金を借りる場合、契約をする際にあらかじめ融資をすることができる限度額を定めることになります。そのため原則としてこの限度額を超えて融資を受けることはできません。

しかし生活費が苦しくなってしまった場合、少し高額な物を購入したい場合など設定した限度額以上の融資を受けたいときもあります。このようなときの対処法としていくつかありますが、その中の一つに増額申込みをすることがあげられます。増額申込みとは設定した限度額を増やすことによって追加で融資を受けるための申込みのことを言いますが、この手続きをしてもらうためには審査を受けてクリアしなければなりません。

そして増額申込みの審査は少し厳し目にされることになるので、なかなか思うようにいかないケースもあります。そのため審査を無事クリアすることができれば特に問題ないのですが、思うようにいかなかった場合は新規の借入をするなど他の方法で対処することになります。

おまとめの方法は二種類

借入をまとめて一本化するには二種類の方法があります。ひとつ目はおまとめローンに申し込むこと。資金用途は借り換え目的のみに限定され、こちらから申し出なければ自動的に以前の借入先への返済も行ってくれます。金利面でも通常のキャッシングより優遇されており、これがおまとめのメリットになります。

もうひとつは金利が低めのカードローンを契約して、そちらに借入をまとめる方法です。この方法は資金用途が借り換えのみに限定されないので他の出費にも対応できます。ただし、返済などおまとめの作業はすべて自前でやることになります。どんなことにでもお金を使えてしまうので自制心も必要になるでしょう。

利用されるのは金利低め、限度額高めの銀行カードローンが多いようです。

厄介な在籍確認を何とかしたい、即日融資を受ける為に必要な事

キャッシングの審査時に即日融資を受けたいという状況は、数えきれないほど存在します。そもそも目先のお金に困っているからキャッシングを希望するわけであり、もし仮に審査に時間がかかるなら給料日を待った方が良いと感じている方も非常に多い事でしょう。

金融機関もこのあたりの事情は承知の上で、消費者金融はもちろん銀行系のキャッシングであっても審査スピードの早さをウリに広告を発しています。結論として、以前と比較すると格段に即日融資は受けやすくなったと言えます。

ただし、問題はそれで全てが解決したわけではありません。現実に、即日融資と言いつつ即日出金ができなかった事例は珍しくありませんし、中には週明けに回されてしまったケースも存在します。

何故この様な問題が起きてしまうのでしょう。それは、審査における重要項目の一つである在籍確認が取れない点に多くの原因があります。
特に週末の申込みは深刻です。大抵の勤務先は週末は誰もいませんから、在籍確認など望みようもありません。

そんな時役に立つ対処方法が、保険証の提出です。会社員の場合は健康保険証の種別が協会か組合保険のどちらかですから、それだけで就業事実の証明にはなり得えるのです。

その為、金融機関が保険証の提示を促してきた場合の為に、申込時や契約時には保険証を携帯しておくと良いでしょう。金融機関によって措置に差はありますが、在籍確認を行う事なく即日融資を実現できるかもしれません。