タグ別アーカイブ: 貸金業法

貸金業法の応用を受けなければ総量抑止の対象外

キャッシングの借入を制限するのが総量統制ですが、すべてのキャッシングにこういう総量統制が加わるわけではありません。総量統制は貸金業法の規定の結果、貸金業法の利用を受ける企業にのみ要素が陥るのです。貸金業法の利用を受けるのはサラ金と信販ディーラー、つまりサラ金のキャッシングとクレジットカードのキャッシング範囲が総量統制の目標となります。

一方、銀行カードローンや信用金庫、JAなどのキャッシングは総量統制対象外となります。これらの金融機関は銀行法の利用対象となる結果、貸金業法は適用されないのです。貸金業法が適用されなければその制約です総量統制も対象外。よって、総量規制の影響を受けないキャッシングを選ぶなら、銀行や信用金庫から探せば良いということになります。